Songs and Colors

歌うように軽やかに、様々な色を身にまとって。

RPA初級編セミナーを受けてきました

私、派遣に転向してから12年ほど経つのですが、それ以前は軽めのSE的な職業に就いていたりしたのですね(何が軽めとかは個人的主観なので気にしないでください)。

 

正社員だった頃は、新しい言語とか資格とか技術とか……を「自分で調べて仕事に使えるか使えないか報告しろ」的な業務を任せられることも多くて。

まぁ今の事務系スキルはその時のお陰でもあるんですけれど、とにかく独学で取得したものが多いので、本人的には「この使い方であってるの???」と今でも不安だったりします。

 

そして、仕事に使えそうもなかったものに関しては、勉強を途中で放り投げた状態なので、当然スキルと呼べる代物でもなく……そんな妙な知識だけが残骸のように頭の片隅に存在しています^^;

 

なので今、そんなあやふやなスキルと残骸のような知識で仕事してる訳ですが、元来飽きっぽい性格なので、更に新たなスキルと知識を得たいと考えちゃいました(笑)

 

去年だったか、短期案件で就業したことのある派遣会社で2時間程度のRPAセミナーなるものがあり、ExcelVBAのスキルがあればできる!との謳い文句に惹かれて聞きに行ったことがありました。

単なる座学でしたが、「へ~~~面白そう」って印象でした。

その時、営業さんからRPAの仕事に就く気があるかどうか聞かれ、今すぐはムリだけどチャンスがあるならと答えたような覚えがあります。

 

その後、何の機会もないままでしたが、同じ派遣会社で1日がかりのRPA初級編セミナーを開講していることが分かりました。

今度は無料ではなく、受講料(当該派遣会社で就業中の場合は無料)を支払うので、こちらも本気にならなければなりません(笑)

でも、自分に向いてるか向いてないか、やれるかやれないかを知るための手間賃だと考え、私は受講することにしました。

 

初級編ということでしたが、ほとんど実習で内容も詰まっていて、ちょっと説明を聞きそびれると置いてきぼり感がハンパない^^;

メイン講師は淡々と授業を進めていて、サブ講師が受講者の間を走り回ってフォローする…という形で、サブ講師の方は大変そうでした(笑)

 

あ、私が勉強したRPAは「WinActor」というツールです。

winactor.com

 

純国産!と強調してるだけあって、UIが全て日本語なので、パッと見、取っつきやすく感じますが、逆に日本語だと分かりにくい表記もありました。

海外製品と比べると安いこともあり、国内シェアNo.1だそうです。

 

RPAに仕事をさせるには、シナリオと呼ばれるものを作成する必要があります。

当然、RPAには得意不得意な作業がありますので、どこをRPAに任せるのか、人間がやらなければならない部分はどこか…等々、今までの手順を見直すことも出てくるでしょう。

そういう意味では、RPAを導入したら人間の仕事が盗られた!という心配はむしろ不要で、面倒くさい作業が1つ減ってラッキー♪な状態になるんじゃないかと思います(たぶん)。

 

初級編では、RPAが判断しやすいように作業手順を細分化(フローチャートを作って明確化します)し、それを画像マッチング等の仕様を駆使して設定(シナリオの詳細)していき、最終的にはボタン1つ押せば作業終了する…という流れを学びました。

文字で書くとこんな感じ↑↑↑↑↑なんだけど、いきなりやれと言われてすぐにできるものじゃありません^^;

 

まぁ最初は大変だけれど、長い目で見れば相当な時間短縮になりますよね。

特に、月末月初の定型作業なんかは、RPAで任せられるんだったらホントにありがたいと思います。

 

面白かったので中級編も受講したいな~とは思ったんだけど、今度は2日間みっちりコースなので、お休みをいつ取るか決めてから…だな。

 

ちなみに、企業向けで同じ内容の研修を受けるとなると、受講料がメッチャ高いです^^;

resocia.jp

 

私は派遣登録してるので、こちら↓↓↓で受講しました。

RPA 育成トレーニング | ヒューマンリソシア株式会社

 

今の派遣会社の営業さんに「RPAの仕事、探してるんだけど~」って言ったら対応してくれるのかなぁ?

他の派遣会社にも打診してみるか……。