Songs and Colors

歌うように軽やかに、様々な色を身にまとって。

赦すということ

基本的に、私はなかなか人を赦すことができないタチです(笑) 他人はもちろん、自分を1番赦せないままでいます☆
それでも…かなり自分に対して寛大になったな〜と思う、今日この頃。 ただ、すぐ昔の自分に舞い戻ってしまうので、その辺りの自覚は常に持っている必要があります。
そんな訳で、最近ふと思ったのですが。
他人を赦すことは、自分を赦すことと同じなんじゃないかな?と☆ まぁ、万人がそうだとは言いませんが、こと私自身に関してはそうだと思うんです。
何故、他人が赦せないか? そもそも、何故「赦せない」と思うのか? 私の場合、間違いなく「自分の赦せない部分を、他人の中に見つけてしまう」からだと思ってます。 ある意味「自己嫌悪」「自己憎悪」に近いのかも(笑)
とは言え、嫌いなのにムリして好きになれるハズもありませんよねぇ(汗) だから、他人を通して自己分析を行うことで、自分の中の原因を1つずつ発見&潰していく努力をしています。
ま、それでも「努力」に過ぎないから、いきなりの大変身はできないけれど、そういう作業を繰り返していく中で、自分という人間の「傾向と対策」が分かってくるのは面白いですよ♪
数年前は、自分自身が体験しない限り理解できなかったことが、ここ2〜3年は「他人の体験」を通して実感できるようになってきているので、多少なりともレベルアップしてるんだなぁとチャッカリ思ってますけど、実際はどうなんでしょう?(笑)
そういう意味で「世界は私のために回っている」と本気で思い込んでる私なのですが、ほんの2〜3年前の私にはできない思考だったので、これまた「私ってステキ♪」と自分で自分を褒めまくってます(爆)
別に、自分を褒めることが赦すことだとは思っていませんが、そうやって少しずつ「自分を甘やかす術」を身に付けていきたいものです♪